「ピカピカの新人CAデビュー」

 

はいたい!!ぐすぅよぉ ちゅううがなびら(みなさん こんにちは!)
機内販売が始まって約1ヶ月が経ちました。皆様モデルプレーンはご覧になりましたか?
販売路線が限られており、数量限定ですのでご希望の方はお早めにお買い求めください!


夏休みも後半に差しかかりましたが、沖縄では毎日強い日差しが照りつけています。
RACではこの4月、そんな太陽にも負けないピカピカの客室乗務員訓練生が4人入社いたしました。
約4ヶ月間に及ぶ厳しい訓練課程を修了し、一人前の客室乗務員としてスタートを切っています。
そこで今回は入社から訓練修了までの道のりをご紹介いたします。


 

 

そこでは身だしなみからサービス、保安など乗務に必要な基礎知識を学びます。
毎日覚えることが山ほどあり、予習、復習が欠かせません。
また、ひとつの科目が終わるごとに試験が行われます。


テキストのコピーを部屋に貼って繰り返し見たり、通勤中に何度も唱えたり、それぞれ自分に合った方法で地道に勉強をします。
まるで学生時代に戻ったかのような勉強漬けの日々なのです。


座学訓練が終了すると今度は実際のフライトで行うOJT訓練(乗務訓練)が始まります。

それまでスーツ姿で座学訓練を行ってきた訓練生にとって、真新しい制服に袖を通す瞬間はとても感動です!


その興奮が冷めやらぬまま、お客様の前に立つわけですが、今度は緊張でぎこちない動きをしてしまったり、慣れない業務にミスをしてしまったり、思い通りにいかない自分に悔しい思いをすることの連続です。

 

そして乗務終了後には、教官と共に振り返りを行い、自分の弱点と向き合って、ひとつずつ改善策を考えます。
自分の弱い所を素直に認め、対策を考えて実行し、また反省…。


笑顔で乗務する裏側には、地道な努力があるのです。

こうやってみると、訓練がとても大変で厳しいことばかりだと思われるかもしれませんが、その通りです!


そんな中でも、お客様から「訓練頑張ってね」と励ましのお言葉を頂いた時や、

 

「素敵な時間をありがとうございました」

「素敵なCAさんになって下さい」

 

と書かれたメッセージを頂いた時には一際嬉しく、訓練を頑張ろうというやる気に繋がった。


ミスのない業務をすることはもちろんですが、一番大切なのはお客様に喜んで頂くこと、そしてCA自身もフライトを楽しむことに気付かされた訓練だったと初々しいCAは振り返っていました。

 


このようにして約4ヶ月間の訓練を乗り越えたこれからが客室乗務員としてのスタートです!
「行ってまいります!」と今日もとびきりな笑顔と元気な声で出発していきました。
機内では客室乗務員は1人ですが、メンバーが増えたRACはますますパワーアップして参ります。
機内でお会いできるのを楽しみにお待ちしています!

 



    




※掲載記事・写真の無断複製はできません