「客室乗務員の訓練のご紹介」

 

はいたい ぐすーよー ちゅううがなびら (みなさん こんにちは!)

ここ沖縄の気温は少しずつ下がってきて、太陽の日差しも和らいできたように感じるこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目、お体に気をつけて、元気に過ごしましょう♪

 

さて、皆さんは普段、仕事やプライベートで飛行機を利用する際、客室乗務員の仕事の様子を目にし、笑顔で接客を行っている姿が印象的だと思いますが、客室乗務員には『サービス要員』と『保安要員』の二つの役割がある事をご存じでしょうか?

皆さんが普段目にしている私達は、サービス要員としての姿が主となっていますが、実は、笑顔の中にも常に保安要員という意識を強く持ち、安全を第一に考えながら業務を行っています(^_^)

 

2つの顔を持つ客室乗務員としてお客さまに安心してご搭乗いただく為に、一年間にいくつもの訓練を受けています。

その中でも緊急事態を想定した救難訓練は非常に重要な訓練で、定期的に行うことで客室乗務員としての技量を維持しています。

 

今回の美らっくRAC第15回は、その救難訓練の様子についてご紹介します。

 

救難訓練は、万が一、緊急事態が発生した場合に備え、機長の指示のもと迅速かつ的確に緊急脱出などの対応が遂行できるかを確認する訓練です。お客様や航空機の安全の確保をするための知識や手順、また応急処置に必要な知識を熟知していなくてはならない為、一年に一度、二日間にわたり実施します。 何年経験しても、この訓練の時期が近付くと胃が痛くなることもしばしば…

 

救難訓練は大きく座学と実技に分けられます。座学では、知識の確認やレビュー、ディスカッションを行います。

 

 

そして実技では、知識として確認できた内容が実際に実践できているかを確認します。 写真は急病人が機内で発生した際に適切に対応できるよう、救急法や心肺蘇生法、人工呼吸法、AED(自動体外式除細動器)の使用法を学ぶ訓練です。

 

また、様々な緊急事態を想定し、想定に合った対応を飛行機内で実践します。その際は、パイロットや他職種の社員、また社外の関係者が参加することもあります。 昨年度は、那覇空港消防隊の方々にも乗客役として実技訓練に参加して頂きました。 客室乗務員の指示で救命胴衣を着用したり、脱出のシーンでは非常口を開けたりとご体験いただきました。

 

 

突発的に発生する緊急事態では、客室乗務員は冷静に状況を判断しなくてはなりません。

緊急時は、お客さまへ簡潔に分かりやすい言葉を使う事も大切です。

「あなた!ドアをあけて!」「荷物は置いて!」等、機内後方まで声が届くような大きな声でお客さまへ指示を出すので、訓練は本番さながらの緊張感に包まれます。

毅然とした客室乗務員の普段見ることがない姿に、乗客役の方々も真剣な様子でした。




 

 

実技訓練終了後は、運航乗務員(パイロット)と客室乗務員で、お互いの気づきなどを相互確認します。緊急脱出に備えて操縦室ではどのような手順を進めているのか、客室内ではどういった準備を行うのかも共有し合い、脱出するための最善の方法を話し合います。


 

 

今回は私たちの訓練についてご紹介し、客室乗務員の保安要員としての一面をご紹介しました。

なお緊急時には、お客さまのご協力も必要です。 非常口座席のお客さまには万が一の場合には援助いただく旨ご案内をするのですが、お客さまからは『まかせて!!』と頼もしいお言葉をいただくこともあり、とても心強く感じます。いつも本当にありがとうございます。

 

これからもお客さまに安心してご利用いただけますよう、私達客室乗務員は一丸となって安全運航に努めてまいりますので安心してご搭乗下さい(^_^) 沖縄の空を元気に飛び回わるRACの機内で皆さまにお会いできますことを楽しみにしています!!

 




【機内販売のご案内】

 

✈機内販売 商品のご案内✈
宮古島で大人気のバーガーショップ、DOUG’S BURGERの塩おかきが機内販売に登場♪

伊江・粟国・久米・宮古・石垣・与那国の六島で生産されている塩のみで味付けした、 昔ながらの優しい味わいがお楽しみいただけます!!

100%化学調味料フリーの安心安全でお子さまにもおススメです! 発送販売のみになります。発送料無料!

DHC-8 Q400CCモデルプレーン(Q400機内のみ)、クリアファイル2枚セットも好評販売中です!

 


 

 

※掲載記事・写真の無断複製はできません